ここが違うよタイランドNo.2 | The unique points of Thailand No.2

オニちゃんの海外滞在記

 前回、ここが違うよタイランドという題名でブログを書きましたが、今回は「ここが違うよタイランド2」として、更に日本と違う部分を書きたいと思います。

I wrote down the unique point of Thailand No.1 on previous blog. I will write the unique point of Thailand No.2 in this blog.

まず、タイは仏教国ですが、レディーファーストです。宗教に関係ないのかな?電車やバスなどで女性が来ると男性が立って女性に席を譲ります。私もタイにいた時は必ず女性に席を譲りました。特に私はソンテオという乗り合いのバスを利用する事が多く、中はギュウギュウ詰めでバランスも悪いので、女性が来れば席を譲ります。

Thai people accept the habit of lady first. In the train or bus, men give their seat to the women. When I lived there, I always gave my seat to women. I often use sonteo which is always very crowded so I gave.

ちなみに、ソンテオを使っている日本人を見た事がありません。殆どが現地人だけでした。私の上司はソンテオを知りませんでした。また、私は毎日使っていましたが、ビジネススーツにビジネスバッグを持っている人間も私以外にいませんでした。今よりは良いですが、どこにいても貧乏生活で、どこにいてもマイペースです^^;

BTW, I have never seen Japanese who use a sonteo but mostly local people. My boss did not know it. I use it every day but I have never seen person who have business bag and business suit like me. I was poor at that time, too.

ソンテオの写真 | The pic of sonteo.

また、これは有名な話ですがタイでは一日に2度、国歌が流れます。私は最初はアユタヤに住んでいたのですが、そこでも流れてはいたのでしょうが、時間的にもあまり聞く事がありませんでした。きっと、朝の8時と夕方6時くらいなのかな?

It is famous that the national song play in the city twice a day. For the first period, I lived in Ayutaya. Maybe national song played there but I did not hear it there.

詳しくは覚えていません。ただ、私がバンコクに住んでいた時には電車の中や駅の中では確実に大きな音で流れますので、それを聞く事があります。そして国歌が流れたら、その場で立ち止まらなければなりません。

When I moved to Bangkok, I must have listened to it in many places such as a station, train and so on. And people cannot move and stay the place until the song finishes.

どんなに急いでいても、国歌が流れている間はその場で立ち止まって国歌を聞き終えてから歩き始めます。一度、電車に乗り込もうとした人が条件反射で立ち止まって、ドアに体を挟まれたのを見ました。。。。冗談です。ただ、私が夕方に近くの高校のそばを通った時にブラスバンド部の演奏を聞いて条件反射で立ち止まった事があります。これは本当です。

If we are in a hurry, we have to stay there until it finishes. After finish, we restarted to move. When I return to Japan and l could hear the other song from high school, I stopped the place because I was used to the habit.

また、タイは本当に交通量の多い国です。そして、交通事故も多いです。私は1年半の間に何度も事故を見ました。何度も高速で車が横転しているのを見ました。日本で免許を持って、車を運転していてもバンコクで運転するのは厳しいようです。

In Thailand, there are many cars and bikes and so many car accidents. I have a driver’s license which I got in Japan but it might be difficult to drive in Thailand.

交通量も多いし、相当に運転も荒いです。そして、至る所にバイクタクシーをはじめバイクに乗っている人がいますので、バイク事故も頻繁にあいます。私も時々、バイクタクシーは利用しましたが、危険は危険だと思いました。

Many people drive with high speed and their driving is dangerous. There are a lot of bikes including bike taxies. Sometimes I also used a bike taxi but I thought that it must be dangerous.

そして、バイクタクシーも普通のタクシーもあまり料金が変わらないので、急いでなければ普通のタクシーに乗った方が良いです。渋滞の場合にはバイクは早いですけどね。

Actually, the different is small between normal taxi cost and bike taxi cost. If you are not in a hurry, you should use a normal taxi. If we are stuck in a traffic jam, bike taxi is more convenient, though.

そして、タイでは300キロ先に営業に行くという事も普通にあります。私も何度か300キロ先まで営業に行った事があります。300キロ先を3時間で行きます。平均しても時速100キロは出ている計算になります。もちろん、高速を使いますが、バンコクの近くでは渋滞があったり、下に下りれば普通に信号もあります。

I sometimes went to the company which is located at the place 300 kilometers distant from my company. Our car reached the company in three hours. The average speed is 100kilometers per hour. Of course, we use highway but there is a bit traffic jam around Bangkok. And under the highway, there are a lot of traffic light.

それでも、キチンと3時間で着きます。普通に高速なら150キロくらいは出ています。それがタイでは普通です。そして、現地で3時間くらい会議を行い、また帰りに3時間掛けて帰社するという感じです。

But we can reach the company in three hours. Maybe the speed was around 150kilometers on the highway. But it is common in Thailand. We have a meeting for three hour and then we return to our company taking three hours.

バイクですが、普通に3人乗りは見ます。タイでもヘルメットは法律で義務付けられていますが、殆どかぶる人はいません。バイクタクシーのお客もヘルメットはかぶっていなかった気がします。

In Thailand, three people get on the scooter is common. People don’t wear helmet that the law is ban on without a helmet. Even the bike taxi drivers don’t wear it.

私がソンテオに乗っていた時に、後ろに50ccのバイクが4台ついていたのですが、その4台ともに3人乗りでした。また、これは前回も書きましたが、一番前に中学生の男の子が運転士、後ろに同じ年くらいの女の子が乗り、その後ろに高校生くらいの女の子が乗っている50ccが私の横を通過した時に、一番前の男の子とその後ろの女の子の間に小学生くらいの子が2人乗って5人乗りだった時はさすがに凄いと思いました。

When I got on the sonteo, there are four scooter behind our sonteo. In all of scooters, three people get on each scooter. As I wrote it down in previous blog, I was the most surprised that a junior high school student get on the front and the same age woman get on the behind him and a high school student woman get on the back. When it scooter passed by me, I found that other two children get on it between women.

日本との違いもたくさんありますが、日本人も5万人住んでおり、ファミリーマートもセブンイレブンもありますし、最近は現地のコンビ二とローソンで提携して出店するようなので、住んで不便な部分は全くないです。

There are a lot of different from Japan but 50,000 Japanese live there. And there are family mart and seven eleven. I heard that Lawson also started to open there at that time. So I did not feel inconvenient very much.

何か必要な物があったり、お腹がすけばコンビニに行けば何でもそろいますし、日本人向けのレストランなどもたくさんあります。まあ、現地にしては若干高いですけどね。私は美味しいので現地の食べ物しか食べませんが。いつか息子を連れてタイ旅行に行きたいと思っています。

If I need something and I feel hungry, I can go to a convenience store to get something. There are a lot of Japanese restaurants, too. The Japanese restaurants are a bit expensive compare to local restaurants, though. Actually, I visited only local restaurants. Someday I want to go there with my son.

最後にタイ独特のもので思い出した物があったので紹介します。ヤードムと言われているものです。ヤーはタイ語で薬品、ドムは嗅ぐや吸うという意味です。これはリップクリームみたいな形をしています。

Finally, I will introduce very unique product whose name is yadom. Ya means drug and dom means breath. The shape is lip-cream like below.

ヤードム

その先端を鼻に差し込んで吸い込むとメントールの香りがして、目が覚めるというものです。凄く爽快です。販売する会社によって香りが異なりますが、たいていがスーとしますので眠い時などに使うと目が覚めます。

When people put the edge of the yadom into nose hole and breath, they feel menthol smell and it make people wake up. It is very comfortable. Its smell depends on the products. People use it when they feel sleepy.

そして、タイでは普通に会社内でも男女関係なく使っています。以前に会社の女性社員がヤードムを両鼻に突っ込んみながら仕事をしていたのには驚きました。

Not only men but also women use it in working place in Thailand. I was surprised to see that one woman employee used two yadom and put both into her both nose hole.

リップクリームを両鼻に突っ込んでいる女が職場で働いていたら笑いますよね。でも、普通にやっています。きっと、日本でははやらないかもしれませんが、私は先日現地から6本取り寄せました。かなり嵌っています。

If you see that one woman put two lip-cream into her both nose hole, you must laugh it, right. But it is not rare. Maybe, if it sold in Japan, it will not be popular. But recently I got six of them through the internet.

Copied title and URL