タイで右足の手術そして骨折 | Operation of my right leg in Thailand.

オニちゃんの海外滞在記
海外旅行

 これは私がタイに住んでいたときの話なのですが、私が歯を磨いているときに突然意識が飛んだことがありました。

This is in Thailand. When I brushed my teeth, I lost my consciousness.

気がついたときには、ガラスのコップを落としていて、割れたコップの破片が私の足にいくつか刺さっていました。

When I regained my consciousness, I dropped a glass of cup and some fragments sticked to my legs.

見える範囲では、破片を抜いたのですが、いくつか刺さったままだったようで、痛みがあったので後日病院に行きました。

I pulled them off as far as I can find. But some of them still sticked and I felt pain so I went to the hospital.

そこで、簡単なものですが足を開く手術をして、足の中に入っていたガラスの破片をとってもらいました。

I took a small operation. The doctor pulled them off.

医者からも、「もう大丈夫ですので安心ください」と言われたので、少ししてからムエタイジムに行ってしまいました。

He said to me that it is already fine. So I went to the Muay Thai gym after a few days.

そしたら、足が痛くなったんですね。

I felt pain again.

きっと、傷口がふさいでいないのにムエタイなんてやったから痛みがあるんだと思って少し安静にしていたのですが、やはり痛いんです。

I thought that that this pain come from practice of Muay Thai so I stopped to go there. But I still felt pain.

しばらくしてから、また病院に行って見てもらったら再度足を開くことになって、

I went to the hospital again and I took operation again.

医者が破片を見せて「こんなの出てきたよ」って言ってきたんです。

The doctor showed me one fragment and said that “I found something like this” with stupid face.

私的には「こんなの出てきたよじゃないじゃん」って思ったのですが。

I thought that you should not say so.

看護婦まで「こんなの出てきたね」って言ってきて、その前にこの前の「もう大丈夫です。ご安心ください」みたいな奴はなんだったんだ?「その前に言うことあるじゃん」と思ったのですが、

The nurse also said so with stupid face. I also thought the doctor should say sorry instead of it because he said last time that “it is already fine”.

その医者と看護婦のアホみたいなセリフに治ったならいいやと思って帰ってきたことがあります。アホで状況を打開するってずるくない?

But their stupid attitude made me not to say anything. It is cheat to get over the situation by stupid attitude.

そして、その足が多少良くなった数日後にほぼ同じ場所を骨折しました。

And I broke the bone of the same part after some days.

しかも、全く治っていないのに、思いっきりその足を壁にぶつけて悶絶したことがあります。完全に呪われていると思いました。

And when I did not recover it, I hit the part to the wall and I felt too painful.

手術して少し経った時の写真が先日出てきたので下に紹介します。あまり見て気持ちが良いものではないですが。

The below picture is my right leg at that time. It is not good feeling though.

海外旅行
Copied title and URL