私の完全な黒歴史 | My black careers

くだらない話

今回は、私の黒歴史について書きたいと思います。私は高校時代にボクシングが原因で脳出血をして入院した事があり、大学を卒業した後には完全なパンチドランカーになりました。その為に、4つの会社で1つは自主退社、3つからはリストラにあいました。

In this time, I will introduce my black careers. When I was high school student, I had brain bleeding and I was hospitalized. After graduation from university, I became completely a punch drunker. That is why I quitted one company and was fired by three companies.

それから数年してから、その時の悔しさから新たに営業を始めて4つの会社でトップ営業になりその後に自分で始めたNTT販売代理店もさいたま市で一番成績の良い代理店になりました。

After years, I restarted working as sales person because I was regrettable. I became the top sale inn four companies. After that I started my own business and it also became the top sales company in Saitama city.

少しずつ需要も細くなってきたので、その代理店を閉めて私はオーストラリアへ渡りMBAを取得しました。その後にはタイへ渡りITコンサルタントとして働いておりました。タイでの就業を終えた後にアフリカへ渡り、そこで転職活動をしましたが、一切仕事が得る事が出来ずに日本に帰国をしました。

As the demand became small, I closed it down. And the I went to Australia and get MBA degree. After that I went to Thailand and worked as IT consultant. After I quitted the job in Thailand, I went to one African country and was seeking a job there but I could not get it. So I returned Japan.

ここまでは、まあまあ普通にある?人生ですし黒歴史はここからです。タイでの就業を終えた後に日本に帰国をしてから、改めて自分で仕事を始めました。その時に始めたのは英語教室です。英語教室では本当にありがたい事に人の生徒さんが数年を通して通ってくれていたのですが、他に新規の生徒さんは殆ど来てくれていないという状態でした。

Until then, it is not very black though. After I returned Japan, I started an English language school by myself. Thankfully, some students come to my school for years but I could not get other new students.

毎月、何千、何万というチラシを撒きましたが全くと言って良いほど反響がありませんでした。ちなみに、反響率は0.01%とかそんな感じでした。誰が考えても時間、労力、お金の無駄でした。

I distributed thousands or ten thousands flyers every month but I could not get a new student at all. The response ratio is about 0.01 % like this. Everyone must think it waste time and money.

チラシは家のポストに投函する事もあれば、駅前に立ってチラシを配布する事もありました。チラシを撒いていても邪魔する人間も結構いて、全くと言っていいほどお客さんが集まる気配すらありませんでした。

I sometimes put flyers into a mail box and sometimes I distribute directly them to people in front of the station. Actually, some people interrupted my task so I did not think that I would get a new students.

そこまで反響がないと完全に無視されているような気になり、(実際には当時のマーケティング力が足りていなかっただけです)ここまで徹底的に無視しやがるか、少しでも振り向かせてやるという気持ちになりました。

I felt that everyone ignored me. (It is not true. In real, I did not have good marketing skills at that time.) But I felt that it was necessary to countermeasure.

まず考えたのが、英語でのブラックなクイズやブラックなジョークや役立ちフレーズなどのチラシを撒き始めたのですが、一切反響はありませんでした。

Firstly, I wrote down black jokes, black quiz and useful phrases in English on the flyers. But I could not get response at all.

次に、駅前でチラシを撒いていると政治家の先生も同じように駅前で立っていました。とても素晴らしい先生です。その先生は私のようにチラシを撒いている訳ではなく、たすきを掛けて、旗を立てて、その市の皆さんに挨拶をされていました。

When I distributed flyers in front of one station, one politician also stand and greet to people in front of the station. He is really great person. This politician wear the Tasuki and stand the flag.

詳しくは書けませんが、その先生のたすきと旗には「●●市、大好き」という内容の文字が書かれていました。私もちょっとくらいは、その市の人達に振り向いてもらいたいという気持ちがあり、私もその先生にちょっとだけ便乗しようと考えました。

I could not write down in detail but the phrase of “I love this city” is written in both of the tasuki and the flag. I also want people to look me a little more like this politician.

私も自分でたすきを購入し、そこには「私も●●市、大好き」と書いて駅前でその先生の近くでチラシを撒きました。それでも、その街の人達には一切振り向かれる事はありませんでした。ちなみに、その先生は私が一切許可も取っていないにも関わらず「良いたすきだね」と声を掛けてくれました。本当に気持ちの良い方でした。

So I also bought the tasuki by myself. I wrote the phrase of “I also love this city” on the tasuki. And I stood near the politician and distributed the flyer to the citizens. But I could not get response at all. Actually, I did not get the permission from him but he said to me that it was a good tasuki. He is a great man.

私は相当にチラシを撒いていましたので、その辺りに住んでいる人で私または私の学校を知らないという人は普通に考えてほぼいない状態なのだろうと思ってはいました。それでもトコトン無視をされていました(実際には当時のマーケティング力不足です)。

I distributed so so so many flyers but I could not response at all. This is because I did not have good marketing skills at that time.

最終的に、ほぼ仕事を撤退する事が決まってから、最後に少しでも反響を集めてやろうと考えて以下の文面でチラシを撒きました。下はその時のチラシのコピペです。

Finally, I almost decide to stop running the school and I thought that I wanted to get some response from citizens so I made the flyers below.

当校禁止事項10ヶ条(お願い)

  1. 子供の生徒が多くいます。当校周辺で車のスピードを落とし、化粧は落とさないで!どちらも子供が怖がります.。
  2. 当校周辺でのゴミの投げ捨てはカン・ビンして下さい。
  3. 当校周辺でのツバ・立小便は男は禁止。女は要相談!
  4. 当校内でのナンパ行為禁止。講師が嫉妬します。
  5. 当校内で際どい服装禁止。講師が見てしまいます。見て後悔する場合もあります。
  6. 当校内で携帯などの電化製品の電源を切って下さい。当校の学長はハイテクという言葉が何より嫌いです。
  7. 当校への無断での住居侵入禁止。当校には金目の物は一切ありません。大手学校はたくさんお金があるそうです。
  8. 当校内で宗教・ネットワークビジネスなど勧誘行為禁止。当学長は一度も何かに所属も誘われた事もありません。
  9. 当校周辺での犬の糞は持ち帰って下さい。小さい子供は何でも触りたがります。子供が善意で講師にくれたら断れません。
  10. 講師に連絡先の交換を求めたら、「面倒だな~」の顔をしますが本当は喜んでいるので気にしないで下さい!  

10 items prohibited by our school

  1. There are many children so please off the speed of your car but don’t off your makeup near the school. Otherwise children will be scared.
  2. Please don’t throw away garbage near school.
  3. Please men don’t pee near my school. Please it is negotiable for women.
  4. Please don’t ask others out in the school because the teachers will envy it.
  5. Please don’t put on racy clothes. The teacher might look at quickly and then might regret it.
  6. Please turn off the electronic devices in the school because the teacher does not know how to use.
  7. Please don’t enter the school without permission. This school does not have much money but the big school seems to have much money.
  8. Please don’t invite to religion or network business. The teacher have never been invited to anything.
  9. Please pick up and take your dog’s poop near my school. If the little child give me it, I will not be able to refuse it.
  10. If you ask me to give my telephone number, I might make frowning face. But I must feel very happy in my mind so please don’t mind it.  

ちなみに、これを撒いた後もほぼ反響がありませんでした。こんなふざけてるんだから、少しは俺の事をかまえよという気持ちでした。(実際には興味をもたれていなかっただけです。)いつも私がチラシを撒かせて下さいと挨拶に行くと、とても不機嫌に私に対応していた駅員が、その時だけは「俺に一枚チラシくれよ」と言ってきたくらいです。  

Actually, after I distributed the flyers, I could not get response at all. Please care about me a little bit more, I thought.

これが、私の黒歴史です。自分で言うのもなんですが、昔の事は昔の事です。私もその街に対して何かを思っている事はないです。その後に台湾に渡って仕事をしていました。私もその後にも色々と経験をしました。過去は過去と思って前向きに進んで行こうと思っています。ちなみに、その場所って、私が最近引っ越してきた2019年11月現在住んでいる場所に結構近いです。また、私は人の過去にも興味もないし、自分の過去について言われても聞く耳を一切持ちません。そして最後におまけで書きますが、私の家の近くでクラクションを鳴らす人がいます。私はそれを「愛してる」のサインとして受け止めています。

That is all of my black careers. Past is just past so I would like to proceed ahead. Let me write one thing down. Sometimes, the person in a car deeps near my house. I think it as the sign of love for me.

Copied title and URL