人懐っこい可愛い黒人の子供に会った | I saw so cute friendly black child.

オニちゃんの海外滞在記
海外旅行

 私はタイでの就業を終えた後に、オーストラリアの大学院時代のアフリカ人の友達の家へ2~3週間居候をさせていただいた事があります。

After I finished working in Thailand, I visited my friends house in Seychelles Africa for a few weeks.

最近だけではないが、息子と同じくらいの年齢の子が好きです。特に息子が出来てから息子と同じくらいの子供を凄く可愛く思えます。

I like kids especially they are the same generation as my son.

セイシェルズへ行く際に、エチオピアを経由して行きました。タイからエチオピアまでは飛行機で10時間あります。私の隣には息子と同じ3歳かもう少し大きめの黒人の子が座っていました。そいつはとにかくヤンチャ坊主という感じでした。

When I went to the country, the plane transited the Ethiopia. It took about 10 hours from Thailand to Ethiopia. The little boy around 3 to 4 years old sit down next to me in a plane. The boy was so energetic.

きっと10時間ものフライトは暇すぎて耐えられなかったのでしょう。彼の席の中で所狭しと遊びまわっていました。私もその黒人の子のクルクルの頭が気持ちが良いので何度も頭を撫でていました。その子は私に対して挨拶をする時には両方の眉毛をあげて挨拶してきます。

Maybe the ten hours flight was so boring for him. He moved and played around his sheet. I pat his head because his head is so comfortable. When he greets with me, he raises his eyebrow up.

私も両方を眉毛を上げて挨拶を交わします。一つ驚いたのが、その子の横には母親が座っていたのですが、夜みんなが睡眠の時間になったら、その子を足元に下ろして、そこに横になって寝かせて、自分は二つの椅子を使って横になって寝始めました。

I also raised my eyebrow up to him. To my surprised, his mother put him under the sheet during night time and she sleep on the two sheets.

子供は眠さのあまりに何も抵抗もせずに床で寝ていたのですが、数時間してから目が覚めたらしく、自分が床で寝かされているのに腹が立ち。その母親の頭に自分のケツや背中を乗せて頭を私の腕に載せて母親の上に寝始めました。

He did not resist her because he was so sleepy. After a few hours, he woke up and realized that he slept on the floor. He got angry to her and he started to sleep on her face.

母親も何も抵抗せずに、子供をそのまま寝かせていたのは面白かったです。また、なぜか少ししてから母親まで私の腕を枕として寝始めたのですが、「お前は駄目だよ」と思って、もう片方の手で頭を落としてやりました。

She did not resist it and they slept this stance. It was so interesting for me.

そして、飛行機がエチオピアに着いてから、私たちは別々のゲートに行ったのですが、私のゲートは彼のゲートとガラスを挟んで隣でした。

After a plane arrived at Ethiopia airport, we go to the different gates. But his gate and my gate is next and there is a glass between our gates.

彼は私の存在に気がついたらしくて、また眉毛を上げて私に挨拶をしてきました。私も眉毛を上げて挨拶を返しました。その後に、私のそばのガラスまで近づいてきて、ガラスを軽く叩いて挨拶をしてきました。

He realized me and proceed to me. He raised his eyebrow up in front of a glass wall and I also raised my eyebrow up to him. And then he proceeded close to the glass wall and tap it.

私もこちら側からガラスを挟んで彼の手にあわせるようにガラスを叩き挨拶をして別れました。凄くヤンチャ坊主でしたが、本当に可愛い子供に会いました。また、彼のテンパのクルクルの頭を撫でたいです。下の動画はその時にとった、このブログと同じ内容です。超デブです。

I also tapped the glass to touch his hand inside the glass and then we said bye. He was so energetic and so cute boy. The below video is recorded at the time. The content is the same as this blog. I was too fat then.

海外旅行
Copied title and URL