息子と会える機会が減り残念 | I feel very sad because the chance I see my son decrease.

くだらない話

 コロナが始まってから息子に会える機会が本当に減って寂しい限りです。
The chance decrease a lot after co-vid spread so I am so sad. Today’s blog makes sense only in Japanese so I will not translate it, sorry.

私が息子と会えるときは姪っ子も合流することがよくあります。

ちなみに、私の名前はこうすけなので、息子にも親戚の子全員にもコッケと呼ばれています。

息子が小学校3年生、姪っ子が小学校5年生のときに一緒に大阪のUSJに行きました。

その日はとても暑い日で、私が姪っ子が飲んでいたジュースを一口ちょうだいと言ったのですが、

小学校5年生くらいになると少しませてきますので、「え〜かんせつキッスじゃん」。って言われたことがあります。

そのときに、「かんせつキッスって肘や膝にキスすることだろう」って言ったら、強めに「はっ?」って言われたことがあります。

また、息子と姪っ子と回転寿しに行った時に、私が「まわってきたお寿司を取れなかったことを何て言うか知ってる?」と聞いてみました。

二人が「わからない」というので、

「時すでにお寿司だよ」って言ったら、「何それ!」って言われました。

また、息子にコッケは何歳って聞かれたときに、私は28才と答えました。

そのときに姪っ子に「なんでコッケはパパのお兄ちゃんなのに、パパよりも年下なの?」って聞いてきたので

「抜かれたんだよ」って答えたことがあります。

息子も笑っていましたが、さすがに騙されてくれずに

次に「少子高齢化対策だよ」って答えました。

姪っ子が私の母親に「本当?」って聞いていましたので、これは意外といけるかもしれません。

私は息子を世界でダントツ一番可愛いと思っています。早く会いたいな!

Copied title and URL