愛知で新聞屋の寮生活 | Life in a dormitory of a newspaper company.

オニちゃんの凄い経歴
TAKIBI

 私は現在までに、40回以上引越しをしています。海外にも3カ国に住んでいます。その他、関東では茨城以外の全ての県に住んでいます。それ以外では、愛知で生活をしていた事があります。愛知の名古屋ではとても貧乏生活をして群馬ではプレハブ小屋で生活をしていました。それらもいずれ紹介したいと思います。今回は愛知でも岡崎で住んでいた話を紹介します。

So far I moved more than 40 times. I also lived in three other countries. I lived in 6prefectures out of 7 in Kanto Area. Also I lived in Aichi prefecture before. I spent too poor life there and I lived in prefabricated hut in Gunam prefecture. I will introduce these life someday. In this time, I will introduce life in Okazaki Aichi prefecture.

私は小学生の頃は中日ファンという事もあり、なんとなく愛知県を身近に感じます。愛知県にはTOYOTAや他の工場がたくさんあり、色々な仕事があります。就職情報誌やアルバイト情報誌などは東京の1.5倍近くの厚さがあります(10年以上前です)。

When I was a elementary school student, I wan fun of “Chunichi” which is baseball team in Aichi. So I feel close to Aichi before. There are manny factories including Toyota in Aichi so there arre so many kinds of jobs. The recruit magazine is one and half times thicker than one in Tokyo. (More than 10 years ago)

愛知県の人は仲間だと思われるまではなかなか心を開いてくれないようで、取っ付きにくいとか接しにくいとかいう人もいますが、逆に仲良くなれば凄く受け入れてくれるようです。私は以前に愛知県で新聞販売の仕事をしていた事があります。愛知の新聞は9割以上が中日新聞です。そういう面でも地元密着という事が伺えると思います。私がやっていた勧誘は他紙だったのですが(正直、今は大嫌いな新聞社の一つです。)

They say that People in Aichi do not open mind for people from other places. But when they regard the other as their friend, they become very close to them. At that time, I sold news paper there. In Aichi, people buy more than 90% of newspaper from Chunichi newspaper company. I sold the other company’s one. Now I really hate the company though.

勧誘の時にまず新聞を取っているか聞きます。新聞を取っていると返答がある=中日新聞という認識です。そんな訳で他紙が中日を辞めてもらい取ってもらうのはかなり大変です。自分はその新聞社の寮に住んでいたのですが、自分が入った部屋の前の人はあまりにも契約が取れなくてその部屋で自殺未遂をしたそうです。

When i visit the person’s house, we must ask if you buy a newspaper. If they say “yes”, it means they buy Chunichi newspaper. That is why it is too difficult to sell the other company’s one. I lived in the dormitory in the company. The former person who lived in my room try to do suicide attempt because he suffered from his life.

それを聞いてちょっと気持ちが良くなかったので部屋の四隅に塩を置いていました。その仕事で面接を受けてから入寮までの間に1週間くらいあったのですが、面接を受けた時には6~7万円くらい持っていて、その時に社長に「いくら持っている?」かと聞かれて正直に答えたら金持ってるなって感心されました。その上、うちにくればいくらでも稼げるから使っちゃっても平気だよ!と言われて、本当に入寮する時には4千円しか持っていませんでした。それを話したら社長に爆笑されました。完全歩合の仕事の面接を受けると事実に反して凄く美味しい仕事だよと言われる事がよくあります。

Actually I felt very bad to hear it. There is one week from the day I took interview to the starting day of work. When I took interview, I had 6 ~ 70,000 yen and the president said that you can spend all money because I can get bigger money if I worked there. I believed it and I spent almost all of money. When I told so to the president, he laughed a lot. When I start the full commission work, the president often says good thing including lie to interviewee.

普通は新聞の販売でそんなに稼げる訳ないです。ただ、一部の稼げている人は本当に稼げていますが。新聞の販売は契約を取れば、その日にその販売店から契約料金の一部と交通費を営業がもらえます。私は4千円しかなかった為に食費も稼がないとならない為に本当に必死でした。

Usually, we cannot get big money from selling newspaper. But some of them can get so big money though. If we find a customer and get a contract, we can get wage and transportation fee from the company, Actually, I did not have money so I made an effort to get a contract very much.

愛知でも山に囲まれているような地方などに行くと本当に地元密着で中日新聞が9割5分以上、占めるような地域もあります。そういう販売店では、月に一回くらい契約件数の上位の勧誘員が数人借り出されて、支払い料金も普段より多く出してもらい強化的に営業をする日があります。私はその強化の三日間で、三日間ともにコンスタントに契約を取る事が出来て、それまでの記録を塗り替える事が出来たようで、その時は結構お金をもらえた良い記憶があります。(偉そうに言うような事ではないと思いますが)

When we go to the place surrounded by mountains in Aichi, more than 95 % people buy Chunichi newspaper. The sales company in these areas have special sales period which gather some top sales people and pay much more contract fee to sales people . I got many contract in the period and exceeded the former record so I got much money from it.

また、愛知県ではブラジル人も多く住んでおり、一度勧誘に言った時に部屋から怒ったブラジル人に拳銃のような物を持って追いかけられた事もありました。ブラジル人は洗濯物を紐で干すのでそれで見分ける事が出来ます。また、働いている人もやっぱり一筋なわではいかないような人も多くアウトローの世界に過去に足を踏み入れていた様な人も結構いました。

Also many Brazilian live in Aichi, too. Once I visit Brazilian person’s house, he got angry suddenly and took something like a gun so I run away. Also some of employees in newspaper company belonged to outlaw world before.

自慢でもなんでもなく営業成績はよかったので、辞めたあとも社長から戻ってこいと何度か電話をもらったりもしました。その中で、女もあてがってやるからみたいなことを言われたのが印象的です。なんてヤバイ業界なんでしょう。なんて!

I could sell them a lot so the president thankfully called me to come back the company. In one of them, the president said that we would find and give the lady to you if I come back. It was very impressive to me and I thought that I had to run away from it.

ただ、今となっては良い思い出です。(ほとんど覚えてないけど。)愛知には味噌カツ・味噌煮込み・手羽先・ういろうやナナちゃん人形など色々な名物もあります。また、機会があれば愛知に遊びに行きたいと思います。たぶんね。

However, it was long time ago. Actually, I don’t remember at all. In Aichi, there are some famous foods and place such as misokatsu, misonikomi, tebasaki, uirou, nanachan doll annd so on. I will visit if I have a chance.

TAKIBI
Copied title and URL