簡単な言葉が一番難しい | The easy word is the most difficult.

オニちゃんの海外滞在記

私は台湾にいたときに、日本語教師として働いています。日本語を習いにきている生徒さんは、中には本当にゼロからスタートの人もいます。その生徒さん相手に日本語を分かってもらうのは本当に難しいです。

When I lived in Taiwan, I worked as Japanese teacher. Some of students learn it from scratch. So I feel that it is difficult to teach Japanese for beginners.

今までに習ったことのない言葉は理解してくれません。そして、「て、に、を、は」などどの場面で使うかを把握してもらう為に説明するのは本当に難しいと思います。

It is difficult to understand the language which they never learned. And Japanese preposition is very difficult to understand when and what situation they are used.

私は過去の職場では、敢えて難しい言い回しを練習していた事があります。自分が使いたい難しい言葉を拾ってノートにして、それを練習していました。その為に、簡単な言葉を使うと逆に練習してきた物をなくしてしまうようで、少しだけ心の葛藤がありました。

I practiced some difficult words in working places before. I gathered some difficult words on the notebook and practiced them. So actually I don’t want to use easy words very much.

きっと、海外に住んでいた日本人が英語を英語のままの発音で、日本語英語の発音に戻さないのと似ていると思います。←ちょっとわかりづらいですね。

I think that it is the same for English learners. It means that they try to adjust their pronunciation and they don’t want to change its pronunciation to Japanese English.

私の場合は特にでしたが、日本人が海外にいくと発音の違いにぶつかり、頑張って英語圏で通用するような発音に修正します。せっかく、修正したものを日本語英語に直す事に違和感を感じるのと、既に口に馴染んでしまっているので日本語英語の発音に直さないようになります。

Especially me. When I started to live in Australia, I faced with some difficulty to speak English because of my pronunciation. So I don’t want to adjust my English to Japanese English.

ただ、日本語教師としては、簡単な日本語を使わないと相手に理解してもらえませんし、そうでないと仕事も成り立ちません。ですので、頑張って修正が必要でした。

But if I use difficult words, the students cannot understand so I had to use easy words.

私が以前に英語を教えていた時にも、小学生でも理解出来るような説明を会社の心掛けの一つにしていました。これはアップル創業者のスティーブジョブスが言っていた言葉の引用なのですが、ジョブスは製品の説明書は小学生でも分かる内容で書くようにと社内で徹底していたようです。

When I taught English in Japan, I tired to use very easy words to explain everything which makes even elementary students understand. As Steve Jobs said, the instruction of products have to be written in easy words that elementary students also can understand.

また、色々な業界で言われますが、業界用語を使う奴ほど頭が悪かったり、難しい言葉で説明するほど頭が悪いと言われます。これは難しい内容を簡単な事に要約する能力がないと見なされる為です。本当にそう思います。

Also it is said in many industries, people who use specific or difficult terms are not clever. They are thought that they don’t have an ability to summarize difficult terms into easy words.

また、現在多くの会社では、物事を表現するのに一言や簡単な言葉で表現するような訓練が行なわれていたりします。特にマーケティングの業界ではいかにお客様に分かるように、心に響くような言葉を使うかの訓練が行なわれます。これは意外と難しいです。私も簡単な言葉で説明するのが苦手です。能力不足です。

In some companies, the employees practice to turn something into one word or simple expression especially marketing companies. It is very difficult unexpectedly. I am bad at explaining something in simple words. I don’t have enough ability in this field.

話が全くそれましたが、日本語教師は相手の心に響く言葉を選ぶ必要はありませんが、なるべく分かり易い言葉を選択する能力が必要だと思います。

BTW, Japanese teachers don’t have to choose emotional expression but use easy and simple words and expression.

Copied title and URL