インド人を怒らせた話 | How I Made an Indian Angry

くだらない話
英語力アップを自宅から無料で実現
⇩⇩⇩
英語サイトのイメージ” srcset=


 少し前に、日本語ペラペラの中国人とスカイプで話をしていて、私のネットの繋がりが悪く、「ネット回線が悪くて、ごめんなチャイナ」と言って、完全にスルーされた話を書きました。今回はインド人に怒られた話を書きます。

A while ago, I was talking to a Chinese person on Skype who spoke fluent Japanese. My internet connection was bad, and I said, “Sorry, my internet is bad, gomen na China which is the same pronounciation as sorry in Japanese,” but the person completely ignored me. I wrote about it before. This time, I will tell a story about how I made an Indian angry.

私がオーストラリアに住んでMBAを目指す前に、15週間英語学校に通っていました。私の目指す大学院でも英語のレベルが英検で準1級~1級くらいを求められていたので、それに少し足りておらず、15週間英語を習う事にしていました。ちなみに、その語学学校の大学院コースに入るのも英検で準1級くらいが必要でした。

Before I went to Australia to pursue my MBA, I attended an English language school for 15 weeks. The postgraduate school I was aiming for required a high level of English proficiency, about 1st level, so I decided to study English for 15 weeks. By the way, the language school’s postgraduate course also required about semi 1st level.

そこには、多くのアジア人が生徒としていました。そこで挨拶の話をしたのですが、大体のアジア人は「こんにちは」とか「さようなら」などは知っています。

In the school, there is a lot of Asian students. We talked about greeting. Most of Asian people know “konnichiwa” or “Hello” and “Sayonara” or “Goodbye”.

そこで私が、日本人の挨拶で更に親しみをこめた挨拶に「チンチン、ぶらぶら」というものがあると教えました。それを聞いたアジアの友達が、それは知らなかったととても感謝してくれました。

I taught them about a Japanese greeting that is even more friendly and includes a personal touch, “chinchin burabura,” which means “wiggle of penis.” My Asian friends were very grateful because they didn’t know about it.

それから数日が経ち、その時に話をしたインド人が怒って私の方へきました。どうも「チンチン、ぶらぶら」を日本の知人に使ってみたようです。

A few days later, the Indian person I had talked to got angry and came to me. It turned out that he had tried using “chinchin burabura” with some Japanese friends.

下は、英語学校でのアジアの友達たち。ちなみに、前列の女の子は3・4年くらい前に日本に遊びに来て、久しぶりに再開しました。左の子はインドの子。背の高い男性は、いつも忙しくなかなか再会できずメールだけは時々送っています。

The picture below shows my friends at the English language school. By the way, the girl in the front row came to Japan to visit about three or four years ago, and we met again for the first time in a while. The boy on the left is from India, and the tall man is always busy, so we don’t get to meet often, but we occasionally exchange emails.

英語力アップを自宅から無料で実現
⇩⇩⇩
英語サイトのイメージ” srcset=
Copied title and URL