タイの自宅でラーメン二郎を再現! | I made a Jiro-ramen in my house of Thailand.

オニちゃんの海外滞在記

私がタイに住んでいた時に書いた自炊のブログになります。

I wrote this blog when I lived in Thailand.

私はラーメンが大好きです。以前にはラーメンの本を持って色々なラーメン屋を廻ったものでした。また、今はあまり行くことはありませんが、大学時代には頻繁にラーメン二郎に行っていました。

I like ramen very much. I went to many ramen shops to eat it with a ramen-book. Although I don’t go there often, I used to go to a ramen Jiro.


最近、自宅の1つ先の駅にできたので、前回帰国した際に行ってきました。本当にたまに食べたくなる時があります。こちらに来てからも日本人向けのラーメン屋には何度かいっています。どこもそれなりに美味しいです。

The shop opened near my parent house so I went there when I return to Japan previous time. Sometimes, I want to eat the Jiro-ramen. After I came to Thailand, I went to some ramen shops and they are not bad.


ただ、日本人と味覚の異なるタイ人もお客としてきますので、二郎のようなラーメンはありません。ネットなどを色々と調べて見ると二郎の作り方が出ていましたので、以前より考えていた自宅でラーメン二郎を土日をかけて作ってみました。

But there are some Thai customer so the taste is a bit different from Japanese ramen. I think ramen Jiro will never open here. A while ago, I searched how to make Jiro-ramen on the internet. So I made it this weekend.


結果から先に言うと相当に近いモノが出来たと思います。自分的には完璧でした。ただ、まだ少し改善の余地がありますので、そこを次回改善出来れば、より同じ味に近づいていくと思います。きっと、自分で作れる事をわかった今では二郎に向かう事はないかな?

I think that the ramen is very close to original one. Although there are some points I have to improve, I will made better next time. Now I know how to make it so I will not go there, maybe.


それでは、私が作った作り方を紹介します。

I will introduce how to make it.


材料は以下の通りです。| The ingredients are below.

・りんご 1つ | Apple 1 piece

・長ネギ 1本 | Long onion 1 piece

・玉ねぎ 1つ | Onion 1 piece

・しょうが 大1本 | Ginger 1 piece

・キャベツ 1つ | Cabbage 1 piece

・ニンニク 適量 | Garlic proper

・スープだし用豚肉 3切れ | 3 slices of porks for soup

・チャーシュー用豚肉の塊 1つ | Chunks of pork fillet

・(もやし)本当は絶対に必要なのですが、タイにはこの時期売っていませんでした。
・ Bean sprouts It is necessary but I could not get here in this season.

画像



まずは大きな鍋にスープのだし用豚肉とチャーシュー用の豚肉を入れます。そして、長ネギを一本入れます。(順番は適当です。)

Firstly, to put porks for soup and chunks of pork fillet and a long onion into the big pot.

画像




次にりんごを四つ切りにしたもの、玉ねぎを四つ切りにしたもの、しょうがの皮をむいたもの、ニンニク5片、キャベツの芯を入れて1時間程煮込みます。アクが出たらアクをとります。

Next, to put an apple and an onion that they are cut into four pieces, ginger, 5 pieces of garlic and core of cabbage into the pot. To keep boiling for one hour.



次にチャーシューとスープのカエシっていうのでしょうか。チャーシューを作るタレを作ります。作り方は醤油、料理酒、グルエースが基本だそうです。ただ、タイにはグルエースがないので味の素と料理酒の代わりに今回はみりんを使いました。

To mix soy sauce, sake and dashi in order to make a sauce for chunks of pork fillet.

画像



味の素は次もそのままで良いと思いますが、次回はみりんの代わりにこちらでも手に入る料理酒を使いたいです。みりんでも美味しいですが、若干甘くなってしまいます。少し醤油を多めが二郎の味に近づくと思います。また、1時間煮込むとチャーシューがいい感じに火が通ります。

When you boil a pork for one hour, the chunk of pork becomes soft like below picture.

画像




それを上の醤油ダレに30分付けます。これは、相当に美味しいです!これだけでご飯も行けると思います。肉を取り出すと同時にりんご、玉ねぎ、長ネギを取り出します。取り出さないとスープが甘くなってしまいます。

To put this pork into the above sauce and keep it for thirty minutes. This pork was really delicious. When you pick up the pork from the pot, you also remove apple, onion and long onion. This is because the soup will be too sweet.

画像




次にキャベツと適当な麺を煮込みます。丼を用意して、チャーシューをつけておいた醤油ダレを丼に適量入れます。次にチャーシューと野菜を煮込んだスープを丼に注ぎます。その上から、麺とキャベツ(もやし)とニンニクを刻んだモノを載せて完成です。

Next, to boil noodle and cabbage. To prepare bowl and then put sauce into it. To put chunk of pork and vegetables and soup into it. And then put noodle and cabbage into it. And then put the slice of garlic on it. It has done.

画像
画像



本来ならば豚の背脂を入れても良いと思うのですが、私があまり背脂を使いたくないので、背脂は使わずに作りました。ただ、味的には相当に近いモノが出来ました。そして、かなり美味しいです。今後は自分で作ってお店に行くことはないと思います。そのうちに自分の息子にも作ってあげようと思います^^

The taste is very similar to original one, maybe. And it is very delicious.

画像
Copied title and URL