愛知での超貧乏で悲惨な生活 | The very poor life in Aichi.

オニちゃんの凄い経歴
スカイツアーズ

 下の写真は私が台湾にいたときの寮です。最初の1ヶ月だけ住んでいました。その寮の大きさは2畳半です。ベッドと机と洋服棚があり、それだけで部屋が一杯になっています。元々、部屋の大きさは小さいと聞いていましたので、不満で書いている訳ではありません。確かに思っていたより小さかったですが^^

The below picture is the dormitory in Taiwan I lived. I lived there for one month. The room size is only two and half mats which is so small. There is a bed, a desk and shelf and there is not free space. I heard that it was very small beforehand do it is not complaint. Actually it was smaller than my expectation though.

この部屋を見ていると思いだす事があります。私が十年以上前に住んでいた部屋の大きさ2畳の名古屋での物凄く狭いホテルです。ここよりも狭いです。

It makes me remember the very small hotel room in Aichi whose size is two mats I lived in more than ten years ago. It was smaller than the room of the picture.

その当時は、私がパンチドランカーの後遺症を抱えていて、症状を治すために色々なバイトをしていたときでした。

At that time, I had an after effect of punch drunker. I did many kinds of job in order to treat my situation.

愛知では新聞屋の営業、博打台の検査、焼き芋屋(超短期)の仕事をしていました。色々な変わった仕事をやってるなと思われると思いますが、私が仕事を探す時の基本的な基準は楽しい仕事と完全歩合又は歩合の比率が高い仕事です。

In Aichi, I did newspaper sales, checking the gambling machine and sale the sweet potatoes. You must think that I did many strange jobs. I decided an interesting and full commission jobs.

歩合を選ぶのは、もちろんお金もほしいというのもあるですが、頭の症状がひどかったときに散々給料泥棒と言われた事に対しての悔しさが体に染み付いていたからだと思います。だから、使えないなら給料くれなくても首にしても良いよって姿勢や発想が身についていたのでしょう。

The reason I chose full commission jobs is I of course want to get money. And I was often said the salary thief when I had after effect of brain bleeding so I regretted it very much. I thought that I did not need salary if I could not get contract.

新聞屋と焼き芋屋は完全歩合の委託で寮があったのですが、博打台は契約で働いていたので寮はなく、給料も本当に安かったので、上のように恐ろしく狭いホテルに住んでいました。

The jobs of newspaper sales and sweet potato sales is full commission and had a dormitory. But the job of checking gambling machine is low salary and does not have dormitory so I lived the hotel like above.

一般的にホテル住まい(ビジネスホテルも含めて)というと一階にロビー、部屋に風呂とトイレ、別階に大浴場という感じだと思います。このホテルにも確かに一階にロビーがありました。

General hotel has lobby on the first floor and the room has toilet and bath room and the basement has a big bath. This hotel also has a lobby on the first floor.

パチンコの料金交換所のような小さな窓からおばさんが顔だして今日の分の宿泊代金を払います。トイレはもちろん部屋にはありません。部屋の広さが全部で二畳ですから。そして風呂も、もちろん部屋にはありませんでした。

It is that the woman sits in front of the small window and the customers put hotel cost on the small window. The room does not have a toilet because the room size is just two mats. And shower room, neither.

地下一階に大浴場??二人が入ればいっぱいの風呂が一つあり、シャワーが3台、そこに夕方6時から10時までの時間制限でホテルの全員が入りにくるので、風呂の前にはみんなが並んでいます。

The big bath?? is on the basement which only two people can take. There are three showers in it. All customers take it from 6p.m. to 10p.m. There is long line in front of the bath.

普段は風呂にお湯を出しっぱなしにしていて中のお湯を循環させているのですが、そのお湯が止まっている時にオバサンが気を利かせて風呂の中に牛乳系のバスクリンを入れてくれているのかなって??って思ってみたら。。。

Usually, the hot water leak and flow in the bath. When the water stopped, I thought that the staff put the bath soap in the bath.

みんなの垢でした((((;´゚Д゚)))

But they are just everyone’s dirt.

今、思っても本当に恐ろしいホテルです。そこにはホームレス的な人やほとんどが日雇いの肉体労働の人が泊まりに来ていましたので、普通にベッドで寝ていても体中が痒くてしょうがありません。

It was really the scary hotel. Many homeless and day laborers stayed there so I felt very itch when I slept.

また、その時は本当に貧乏だったので朝は水とカロリーメイト、昼は値下げした300円くらいの弁当、夜はカップラーメンをいう生活を毎日していました。また、月曜日は風呂が休みの為に近くの満喫でシャワーを借りて、朝起きると凄い量の髪の毛が抜けていました。

Also I was too poor that I drink water and eat some biscuits for breakfast and very cheap lunch box for lunch and instant noodle for dinner every day. The hotel does not provide the bath on Monday so I went to the manga cafe to rend the shower. When I get up in the morning, a lot of hair put out.

愛知では友達も出来て時々名古屋駅のそばで遊んだり、お茶していました。 また、時々遅い時間になってからこれからラーメン行こうとか誘ってもらったりもしましたが、疲れたとかいって断っていたんです。というのも、そこのホテルが門限11時という事を恥ずかしくてどうしても言えなかったんですね。

I had some friends in Aichi so we played there. Sometimes they asked me to eat noodle in the night. But I refused it because the curfew of the hotel is 11p.m.

門限を過ぎるとドアが閉まってしまい朝までドアが開きません。一度、門限に間に合わずに朝まで外で時間を潰していた事がありました。毎日、小銭の帳尻を合わせながら本当にその日暮らしの貧乏生活をしていました。

If I cannot get in the time, the door closes. When I could not get in the time once, I stayed outside. I was so poor at that time.

スカイツアーズ
Copied title and URL