これで1日で2日分の仕事が出来ます | How to do two day’s work in a day

ただの雑談だよ
栄神

 今回は、1日に2日分の仕事をする方法を紹介します。

I would like to introduce how to do two day’s work in a day.

完全に時間術に関する内容です。

This is completely content of time management.

よく1日を48時間にするとかいう時間術の本ってありますね。そのような類の話で、とてもシンプルです。

There are some books whose time are “making your day 48 hours”. Today’s content is like this and very simple.

答えから言うと朝早くに起きて仕事をするという事です。

The answer is that we get up early and start working from early morning.

私は平日は朝3時半に起きています。早朝に起きる生活は七年以上続けています。

I get up 3:30 weekday and I have got up early morning more than 7years.

起きた後にトイレ掃除などの朝のルーティングを行って、仕事を始めるのが4時からです。

After I get up, I clean up the toilet and wash my face and then start working from around 4a.m.

6時半くらいまで仕事をして、10分くらい二度寝をしてから、筋トレというのがいつものルーティングです。

I work until 6:30 and then take a 10 minute nap and then do muscle train. It is my morning rutine.

その後にシャワーを浴びて、食事をして8時半から仕事を再開します。そこから午後6時くらいまで仕事をします。

After that I took shower and eat breakfast. I restart working around 8:30a.m. I continue working 6:00p.m.

早朝の時間は、仕事効率にして普段の時間の4倍の効率性をうむそうです。

Dr. Kabasawa says that the work effectiveness in morning is as four times as one in day time.

もし、早朝に4倍の効率があるのならば、4時から6時半までの間に10時間分の仕事が出来る計算です。

If so, working from 4:00 to 6:30a.m. is equal to 10hours work effectiveness.

もし、3倍であったとしても6時40分まで仕事をして、2時間40分仕事をすれば8時間分、1日分の仕事が出来る計算です。

If it is three times and work from 4:00 to 6:40, it is equal to 8hours. So it is one day’s work.

あとは8時半から通常通りに仕事を8時間行えば、1日に2日分の仕事が出来る計算になります。

When I work 8 hours from 8:30, I can do two day’s work.

早朝がそこまで効率的かは分かりませんが、普通の時間よりは効率が良いとは思います。

I am not sure whether the effectiveness of work in morning is so. But it is sure that the effectiveness is much better.

今後も1日に2日分の仕事をする事を目標に早朝に起きていこうと思っています。

I would like to continue this life style and try to do two day’s work in a day.

栄神
Copied title and URL