群馬でのプレハブ生活 | I lived in prefabricated house in Gunma.

オニちゃんの凄い経歴
不揃いの野菜のお試しセット

 私は今までに色々な仕事をしてきましたが、その一つに群馬の山奥で農家の手伝いがあります。今日はその仕事を紹介します。

So far I experienced many kinds of jobs. One of them is agriculture farm on the mountain. Today I will introduce it.

そんなに長くやっていた訳ではないですが、自分の働いていたのは、エノキ茸の栽培、収穫などの仕事になります。これは朝が早く5時50分には冷蔵庫前に集合し体操をした後、仕事が開始します。

Actually it was not so long though. It was to raise enoki mushrooms. It starts early morning that we gather at 5:50a.m.

エノキ茸は2~3度の冷蔵庫の中で育ちます。だから、自分達の作業もその冷蔵庫の中での作業になるのですが、冬場などはその冷蔵庫の中が暖かく感じるくらい周りが寒いんです。自分がいたのは群馬の山奥での作業だったので、11月くらいになると10センチ以上雪が積もります。

Enoki mushrooms grow in the warehouse at 2 to 3 degrees. So we work in the house. We feel hot during the winter season because it is too cold outside. The place is on the mountain so there was more than 10 cm of snow after November.

自分が住んでいたのは、隙間のたくさん開いてるプレハブハウスだったので、本当に寒かった。寝てる間は一日中、暖房をつけておくのですが、暖房も灯油で自分で灯油を補給させるのでそれが無くなれば当然に暖房が消えてしまいます。寝てる間に灯油がなくなれば最悪です。

The prefabricated house I lived in has a lot of small hole so it was so cold. During sleeping, I keep heater on. If oil was empty, it becomes too cold.

朝方、寒くて本当に布団から出れません。そんな中での作業ですが、基本的に体を動かしているので作業中はあまり寒さは感じません。ただ、少し休むと汗が冷えて凄く寒さを感じます。

We cannot get up from the futon because of too cold. I did not feel cold during working. But if I take a break, sweat make our body cold.

コンビニは車で20分、駅までは車で40分の場所にあるのですが、冬場は路面も凍っているために慣れるまでは絶対に車は運転できません。スタットレスを履いていても慣れていても本当に危ない。しょっちゅうハンドルが効かなくなって、車で山道を転げ落ちる人がいるようです。

It took 20 minutes to convenience store and 40 minutes to a station. The road is frozen so we cannot drive if we are not used to. Even if the car wears studless-tire, it is very dangerous. People say that many cars fall down from the mountain.

それだけの条件の中で仕事をしようなんていう変わり者はそうはいません。大抵が何らかの事情があって逃げてきたり事情を抱えている人がほとんどです。自分がいた時には特にそうだったのかもしれません。刑務所出、少年院出、会社を倒産させた人、借金で逃げた人そして自分の5人です。

There are not many people who want to work under this hard condition. Most of them have any problem. Especially when I worked. Five people worked there and all of them have any problem.

私は、その当時はまだ脳出血の後遺症のために精神的にも弱っていたので、自然に囲まれたところでの生活と(とても失礼な事を言いますが)駄目な奴と思える人間もいて、いいリハビリになったかもしれません。ただ、始めのうちは良い感じに生活をしていたのですが、色々な事がおこり出したので辞めました。

In my case, I had an aftereffect of brain bleeding and my mental became a bit weak at that time. Life surrounded by big nature and working surrounded by a bit dumb people make me refresh and energy.

そんな生活でも週1回の休みの日には片道二時間以上かけて前橋などの少し栄えた街へ出て、温泉に入ったり、駅前のスナックで近所の方と話したりで、そこそこ楽しいと思える事もありました。

We had holiday once a week and we went to a hot spring taking two hours by train. Sometimes we go to drinking spot in front of the station so there was a bit interesting things.

不揃いの野菜のお試しセット
Copied title and URL