コンサルタントの小話 | The small story about consultant

オニちゃんの海外滞在記

今日は自分の好きなコンサルタントの小噺を紹介します。よく知られている話ですので、下はコピペです。

I will introduce my favorite small story about consultant. It is very famous one.

メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。その魚はなんとも生きがいい。それを見たアメリカ人旅行者は、「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」と尋ねた。

In the Mexican country side, a small boat stopped on the shore. One Mexican fisherman caught fish with small nets. The fish are very flesh. One American tourist said that fish look so good and asked him how long you fish.

すると漁師は「そんなに長い時間じゃないよ」と答えた。旅行者が「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」と言うと、漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。

The fisherman answered that it was not so long. Tourist said that you will get more fish if you take more time. The fisherman said that it is enough for my family.

「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」と旅行者が聞くと、漁師は、「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」

Tourist asked what you will do during free time after fishing. The fisherman said he would sleep until sun rise and then fishing and then play with children and then take siesta with wife. And in the night, I drink alcohol with friends and sing songs and play guitars.

すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、きみにアドバイスしよう。いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。それであまった魚は売る。お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。

The tourist said seriously that I want to give you advice as I got MBA in Harvard Business School. You should take more time to fish and sell fish. You will buy bigger boat when you get enough money with selling fish. And then you will get more fish and get more boats.

やがて大漁船団ができるまでね。そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキシコシティに引っ越し、ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」

When you have a large fishing fleet, you will stop selling fish. You will build your own factory. By then, you must move to Mexico city and the company will grow well. You will instruct from the office building in Manhattan.

漁師は尋ねた。「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」「20年、いやおそらく25年でそこまでいくね」「それからどうなるの」「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」と旅行者はにんまりと笑い、

The fisherman asked how long it will take by then. The tourist answer that it might take 20 or 25 years. And fisherman asked again that what I will be after that. The tourist smiles and said that the situation will be great.

「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」「それで?」「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんと昼寝して過ごして、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。どうだい。すばらしいだろう」

You will sell the share and you will be billionaire. And then you will retire work and then you will move and live in country side. You will sleep until sun rise and then fishing and then play with children and then take siesta with wife. And in the night, you drink alcohol with friends and sing songs and play guitars.

Copied title and URL