インド人を怒らせた話 | I made the Indian get angry.

くだらない話

 少し前に、日本語ペラペラの中国人とスカイプで話をしていて、私のネットの繋がりが悪く、「ネット回線が悪くて、ごめんなチャイナ」と言って、完全にスルーされた話を書きました。今回はインド人に怒られた話を書きます。

I would like to introduce the story I made one Indian get angry.

私がオーストラリアに住んでMBAを目指す前に、15週間英語学校に通っていました。私の目指す大学院でも英語のレベルが英検で準1級~1級くらいを求められていたので、それに少し足りておらず、15週間英語を習う事にしていました。ちなみに、その語学学校の大学院コースに入るのも英検で準1級くらいが必要でした。

Before I was taking up MBA degree in Australia, I went to an English language school for 15 weeks. The postgraduate school I went required a bit high English level so I went there. BTW, this English language school also required certain English level.

そこには、多くのアジア人が生徒としていました。そこで挨拶の話をしたのですが、大体のアジア人は「こんにちは」とか「さようなら」などは知っています。

In the school, there is a lot of Asian students. We talked about greeting. Most of Asian people know “konnichiwa” or “Hello” and “Sayonara” or “Goodbye”.

そこで私が、日本人の挨拶で更に親しみをこめた挨拶に「チンチン、ぶらぶら」というものがあると教えました。それを聞いたアジアの友達が、それは知らなかったととても感謝してくれました。

I said that the most friendly Japanese greeting is “chinchin burabura” which means “wiggle of penis” to them.

それから数日が経ち、その時に話をしたインド人が怒って私の方へきました。どうも「チンチン、ぶらぶら」を日本の知人に使ってみたようです。

After some days, one Indian gay who heard it came over to me and got angry. He seemed to use “chinchin burabura” for Japanese friends.

下は、英語学校でのアジアの友達たち。ちなみに、前列の女の子は3・4年くらい前に日本に遊びに来て、久しぶりに再開しました。左の子はインドの子。背の高い男性は、いつも忙しくなかなか再会できずメールだけは時々送っています。

The picture below is my friends in this language school.

Copied title and URL