なぜ売上が急に上がると販売中止になるのか。| When the sales performance raises suddenly, why the company stop sales.

ただの雑談だよ

前の話になりますが、カップヌードルの謎肉祭りという商品が人気で生産が追いつかずに販売休止になったとニュースがあったように思います。また、少し前の話になりますが、ガリガリ君コーンポタージュ味が販売された翌日には、販売休止のニュースを聞きました。

A little while ago, the news announced that the sales of the cup noodle of nazonikumatsu stoppes because the sales raised suddenly. And a bit long time ago, the sales of garigarikun stopped, too.

なんと早い展開なんでしょうか。私は若い頃には、なぜ人気があり過ぎて販売休止をしなければならないのかと不思議に思っていました。せっかく人気があって利益が見込めるのだから、生産が間に合う分だけを市場に出し続けて、少しずつ生産量を増やしていけばいいだけなのではないかと思っていました。

When I was young, I was wondering why the company stopped sales. The company should continue to sell them as much as they can make. And they should try to increase production.

ただ、ビジネスを学んでその謎が解けました。消費者というのは、商品に対して自分なりの期待と基準を持っています。それを上回る物を購入できた時には満足をして、それを下回る場合には不満を抱くです。

But now I understand the reason. The consumers have expectation and criterion for every product. They will be satisfied with it when the product exceed the expectation and dissatisfied with it when below the expectation.

例えば、とても美味しいフランス料理とガリガリ君では、一般的にはフランス料理を食べたいと思うでしょう。ただ、自分が金を出して食べ物を食べる場合に、それに対しての期待値として基準ができます。ですので、フランス料理を食べた時よりアイスを食べた時の方が満足度が上回る事があります。

For example, most people want to eat French foods more than ice cream of garigarikun. But when people eat and buy something, they have expectation and criterion. So sometimes they are satisfied with eating ice cream more than French foods.

商品に対する期待値を上回らないと相手は満足しないのです。そして、その期待値は商品の特徴によって異なります。ガリガリ君のような物であれば、安価ですぐに買えるという期待が消費者にあります。

People are not satisfied with it unless the product exceed the expectation. The criterion depends on the the character of the products. When people buy ice cream of garigarikun, they expect to buy it soon.

もし、期待に応える事が出来ずに何日間も足を運んだにも関わらず購入が出来ないでいたら、消費者は期待を裏切られたと思い、その商品及びメーカーに対して悪いイメージを持ってしまいます。それでは、せっかくの人気商品でも長い目で見たら会社に悪影響を与えかねません。

If they cannot buy it although they go to a shop often, they will be disappointed with it and they will have bad image for the company or products. It influences bad effect on the company.

その為に、人気があっても生産が追いつかない商品は販売休止をして、消費者の消費量にあった生産体制を整えてから、市場に再度投入します。新規開店のお店などでも、事前に宣伝をし過ぎて在庫が足りずに商品を提供出来ないような状況になる事もあります。

That is why the company stop sales if they cannot provide enough. And they will restart to sell them when the company arrange the supply line. When a new shop open, sometimes the shop advertise a lot and a lack of products.


それは、最悪な状態かもしれません。せっかく期待をしてきてくれているお客さんに商品を提供出来ないと最初からお客さんはお店に悪いイメージを抱いてしまいます。そして、新規開店のお店は大々的に宣伝をしてしまいがちですが、ある程度ベテランが回しているお店ならば大丈夫でしょうが、新規開店は失敗が起こりがちです。

It makes the bad situation. The consumers must expect to buy the product so they will have bad image for the shop. Also a new shop tend to make mistakes when they start to open.


その状態で一気にお客さんが押し寄せるのは、場合によっては良い戦略ではないかもしれませんね。オープンは大人しく、慣れてから大々的に宣伝を打っても良いのかもしれません。

When the staffs are not used to provide and they have a lot of customers, it might not be good strategy. It might be good to advertise after they are used to provide products.

Copied title and URL